羽由来の言の葉

いつかこの言葉が誰かの心に届きますように

春の夜の

月の灯

春の宴が終盤間近

ほろりほろ酔い

遥か道

少し止まりて

花愛でる

 

心浮かれて

花愛でて

足取り軽くも

酔い冷めて

ぽかり雲間のお月さん

照らす道へと向かおうか

 

君に酔い暮れ

今日の日も

終盤間近の月の道

鼻歌奏でて

君恋し

春の夜道をまたいつか